異文化理解・心理

日本語学習者が抱える問題の分析と、その問題を解消できるよう、日本語教師としてできるスキルを身につける。脳の仕組みや心理カウンセリングのテクニック、学生への対応など、日本語教師自身の悩み解消術なども学ぶ。

NYAニューヨークアカデミーの授業の1つ「異文化理解・心理」の1場面です。異文化の様子などをテキスト、プリントで「わかった」だけで、本当の「わかった」になるでしょうか。「異文化に接したら、どうする?」ときかれても、その場にならないとわからないはず。ですから、本当の異文化をさまざまなゲームで体験し、自分たちの深層心理から、行動をさぐり、よりよい行動とは何かなどを検証し、また実践し、振舞えるようにする授業です。まさに、外国人に接する日本語教師にとっての大事な科目です。