1. ホーム   
  2.   
  3. 受講生の声   
  4.   
  5. 大神 徳久さん

H・Sさん | 生徒の声

合格通知を受け取ったときのお気持ちは?

なかなか一度では合格できないと聞かされていました。それに加え、私は時間配分を誤り、残り10分とアナウンスされた時点で、未解答の問題が20問ほど残って、結局、残されたそれらの問題にはほとんど目を通さずにマークシートを適当に塗りつぶしたので、よほどの幸運に恵まれなければ、合格は無理だと諦めていました。
運が良かったのだと思いました。

検定試験に向けてどのような勉強をしましたか?

まず、NYAで使用するテキストには全て目を通しました。それから市販の問題集などに取り組みました。しかし、このように先にテキストで知識をインプットしてから問題集でアウトプットするという順序(これが一般的な勉強法かもしれませんが)では効率が悪いと感じました。
そこで、途中から方法を変えました。
問題を解かず、いきなり解答を見て問題文に答えを書き込み、なぜそうなるのかを考え、テキストや参考書で調べました。また問題集の解説をそのままテキスト代わりとし、そこから知識をインプットしました。そうすることで、試験に出そうな内容だけをピンポイントで学習することができました。

NYAの検定試験対策講座はどうでしたか?
ボランティアで学習者から日本語の語彙などの意味を聞かれた時、説明できないことが多かったです。日本語で日本語の説明をするのは難しいなぁと思ってしまいました。
養成講座420時間修了+検定合格、就職に向け、勢いがつくのではないかと思いますが、今後の就職活動などの予定はどうでしょうか?
現在は、まだ初級実習を終えたばかりで、心配性の私には今後の進路について考える余裕はありませんが、当面は残りの中・上級実習に懸命に取り組み、講座終了までには就職活動に挑めるよう頑張りたいと思います。
今年、日本語教育能力検定試験を受ける予定の方にアドバイスをいただけますか?
とにかく、時間配分には気を付けてください。
問題数がとても多いため、1問につき費やせる時間は50秒程度です。文章を読ませてから解答させる設問もたくさんありますが、それらの文章を律儀に全部読んでいては時間が足りません。読まずに、あるいは簡単に目を通して、いきなり問題に取り掛かりましょう。 実際、文章をあまり読まなくても解けるような設問が多くあります。どうしても読まなければ解けない問題だけ、文章に戻って目を通せば大丈夫です。
最後に、NYAの先生たちに一言お願いします。

現場経験の豊富なベテランの先生方に教えていただけるので、とても心強く感じています。420時間の養成講座も残すところあと2ヶ月程ですが、その後もまた分からないことがあったときは、アドバイスをいただければ幸いです。
どうもありがとうございました。

今後、日本語教師を目指される方にメッセージを!
日本語教師はやりがいのある楽しい仕事だと思います。
勝川先生より一言

大神さんは、ご自身の自己分析に非常に長けていました。日本語教育の現場がわからないので積極的にNYA講師の現場授業に参加しました。
検定試験の勉強を現場に生かそうという姿勢も合格につながたったように思えます。
大神さん、おめでとうございます!


 
生徒の声はこちら
お問い合わせ・資料請求はこちら
学校見学会、授業見学のご案内教育訓練給付制度 指定講座 420時間 マスターコース 最大20%OFF!
コース案内
420時間マスターコース
日本語教育能力試験対策コース
トレーナーコース
実践 試験直前講座(オプション)
教育訓練給付制度
420時間マスターコースのカリキュラムを図と動画で解説
勝川浩之のブログ
日本語教師 徹底解説講座
講師ブログ

当校へのアクセス

  • ニューヨークアカデミーの地図
  • 日本語教師養成学校
    ニューヨークアカデミー

    福岡県福岡市南区大橋1-17-6
    西鉄大橋駅 徒歩2分

ニューヨークアカデミー モバイルサイト