1. ホーム   
  2.   
  3. よくある質問   
  4.   
  5. 日本語教師になるためには

よくある質問

日本語教師になるために

大学では日本語教育を専攻しませんでした。日本語教師になれますか?
日本語教師になれます。当アカデミーで「420時間コース」を修了するか、「日本語能力試験対策コース」を受講して試験にチャレンジしてください。実力を備えた日本語教師として教壇に立つ日が必ず訪れます。
大学で日本語教育を主専攻して単位を取っています。420時間のコースを受ける必要はないのですか?また日本語教育能力検定も合格の必要はないのですか?
420時間コース」を受講する必要はありません。一般的な採用条件をクリアするためであれば、日本語教育能力試験の受験も必要ありません。ただし、座学の知識だけでは日本語教師として成功を収めることは難しいでしょう。まずは基礎的な指導技術を身につけられる「トレーナーコース」の受講をおすすめします。
高校を来年卒業します。日本語教師になるにはどうしたらいいですか?
420時間コース」を受講するか、日本語教育能力試験に合格するかどちらかが必要です。確実に資格が取れる「420時間コース」をおすすめします。
海外もしくは地域でのボランティア活動として日本語を教えたいと思います。日本語教師の資格は必要ですか?
正式な資格は必要ありません。ただし、日本語を話せれば誰もが日本語を教えられるわけではありません。外国人に日本語を教えるための正しい知識と技術が必要です。是非「トレーナーコース」を受講してください。
日本語教師になるまでどれくらいかかりますか?
確実に資格を取れる「420時間コース」では、420時間の受講が必要です。一日4時間受講したとして、105日間かかります。週3日程度のペースであれば8ヶ月から1年間の計画を立てる必要があるでしょう。詳しくはNYAのスタッフにご相談下さい。
日本語教師になるために、日本語以外の語学習得は必要なのでしょうか?
NYAでは、日本語指導の最先端手法である「直接法」で訓練を行ないます。授業の中では「日本語で日本語を教える」方法を取ります。しかし、授業時間以外のコミュニケーションや、教わる生徒のとらえ方を理解するためには、外国語を学習することが有効です。NYAの外国語授業ではネイティブの講師が「直接法」を用いて指導します。
日本語教師になるために日本語教育能力試験受験は必須ですか?
必須ではありません。大学での主専攻・副専攻や養成講座での420時間修了によって求める資格は満たされます。しかし、就職にあたって評価を高めるには、日本語教育能力試験の合格が大きな武器になります。日本語教師として活躍する上では是非取得しておきたい資格です。
私は年齢が高いのですが、日本語教師になるために年齢制限はありますか?年齢が高くても日本語教師になれるのでしょうか?
年齢制限はありません。仕事や子育てが一段落して、改めて新しい世界へ挑戦する方々がたくさんいらっしゃいます。仕事や生活の中で身につけてこられた深い知識が、日本語を学ぼうとする外国の方々にとっては大きな魅力となることでしょう。是非一歩を踏み出してください。

よくあるご質問トップページへ戻る

お問い合わせ・資料請求はこちら
学校見学会、授業見学のご案内教育訓練給付制度 指定講座 420時間 マスターコース 最大20%OFF!
コース案内
420時間マスターコース
日本語教育能力試験対策コース
トレーナーコース
実践 試験直前講座(オプション)
eラーニングコンテンツ
教育訓練給付制度
料金表
420時間マスターコースのカリキュラムを図と動画で解説
勝川浩之のブログ
日本語教師 徹底解説講座
講師ブログ

当校へのアクセス

  • ニューヨークアカデミーの地図
  • 日本語教師養成学校
    ニューヨークアカデミー

    福岡県福岡市南区大橋1-17-6
    西鉄大橋駅 徒歩2分

ニューヨークアカデミー モバイルサイト