• よくある質問
  • サイトマップ
  • 0120-553-718
  • お問い合わせ・資料請求
      
  1. ホーム   
  2.   
  3. カテゴリー   
  4.   
  5. 下層ページ

初級授業のいろいろ | 日本語講師ブログ

初級授業のいろいろ

2017年7月23日

こんにちは。日本語教師の宮﨑です。初級の授業についてお話します。
NILSの初級クラスでは絵カードを使って授業をします。ホワイトボードに文を書いて練習などはしません。それは、視覚的にみて練習したほうが残りやすいし、わかりやすいからです。ホワイトボードに文を書いてリピートをするのでは、文を読む練習にしかなりません。絵を見て、自分で考えて発話することが大切です。ですので、最初のほうの課だと、絵カードの準備が少し大変が、学生のことを考えると、そうも言ってはいられません。

課が進んでくると、いろいろな言葉が話せるようになるので、絵カードもいろいろ使わなければなりません。しかし、全てを絵カードで練習するのも考えものです。確かに、絵カードで練習していれば、視覚的に補助できるのでわかりやすくはなるでしょう。しかし。それによって弊害も出てきます。
では、何が問題なのでしょうか。絵カードをホワイトボードに貼って授業を行うということは、ホワイトボードにはほとんど字がない状態になります。そうすると、文字を読む機会が減ってしまうのです。
「文字を読んでも仕方ないんじゃなかったの?」
と思う方もいるかもしれませんが、ホワイトボードに漢字の文字カードを貼らないと漢字を読む機会が減ってしまうのです。中国人学生以外、基本的に漢字はわかりません。入学した時もほぼ漢字は0(ゼロ)の状態で入学します(困ったものですが…)。
彼らは、日本語学校を卒業した後は、大学や専門学校へ進学します。ですので、1年半や2年である程度漢字が読めるようにならなければなりません。
では、彼らが漢字に触れるのはいつかというとやはり授業が一番多いでしょう。ただ漢字に触れるだけならば、町中に漢字はあふれているので問題ありません。しかし、日常生活で漢字を意識しているばかりではありません。ということは、学校で意識的に漢字に触れる機会を増やしてあげなければ、彼らは漢字がわからないままになってしまうのです。

写真提供:ペイレスイメージズ

絵カードを使えばわかりやすいですが、学生のレベルやスケジュールの進捗によって文字カードにかえていくべきでしょう。「食べます」、「飲みます」など、課の始めのほうに出てくる動詞をいつまでも絵カードで使うのは有効とは言えません。ある程度進んだら、漢字の文字カードに切り替え、学生に漢字を意識させて授業をするべきでしょう。
「学生が漢字が読めない」と言う先生もいますが、読めないならば、こちら側で工夫して学生が読めるように指導していくというのも大切なことです。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

お問い合わせ・資料請求はこちら

ページの先頭へ

各教場のご案内

●大橋校
福岡県福岡市南区大橋1-17-6

●博多校
福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目27−24

●西新校
福岡市早良区西新1丁目8-21 2階

小倉校
北九州市小倉北区京町3-14-17 五十鈴ビル新館5F

●熊本校
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル6F

●東京代々木校
東京都渋谷区代々木1-36-1 ミユキビル2F

●千葉校
千葉県千葉市中央区弁天1-2-8 大野ビル5F