• よくある質問
  • サイトマップ
  • 0120-553-718
  • お問い合わせ・資料請求
      
  1. ホーム   
  2.   
  3. カテゴリー   
  4.   
  5. 下層ページ

熱中症対策 | 日本語講師ブログ

熱中症対策

2018年8月6日

こんにちは。日本語教師の平尾です。
暑い日が続いていますね。皆さん、体調はどうですか。夏バテなどしていませんか。
連日、テレビや新聞などで熱中症による死亡者や救急搬送されたというニュースや熱中症対策特集などが取り上げられていますね。先日、太宰府では38度を超えていました。福岡で熱中症による死亡者も出たそうです。こわいですね。熱中症の死亡者のうち、発生場所が分かっているものの半分近くは屋内で死亡しているそうです。北九州の小学校では終業式を冷房のない体育館で行わず、教室で行ったというニュースも。確かにこんな暑い日に冷房のない部屋での終業式は危険かもしれませんね。熱中症で搬送される児童生徒も多いようですし…。冷房の効いていない部屋は熱がこもって、外よりも熱いこともあります。NILSでも、学生が登校する前の3階の教室や階段や廊下などは天井からの熱でものすごい暑さです。あまりに暑すぎるので、冷房を入れても、涼しくなるまで、かなりの時間がかかります。ですので、学生が登校する前に暑い部屋はクーラーを入れるようにしています。

NILSの学生はいろいろな国から来ています。この日本の暑さに慣れない学生もいます。暑い国から来た学生もこの暑さはつらいようです(^-^; この暑い中、アルバイト先へ自転車で行ったり、午後から登校したりする学生は大変だろうなと思います。こんなにニュースで熱中症に関するニュースが流れているにも関わらず、ニュースを見ている日本人でも救急搬送されたり、死亡者が出たりしているのですから、この暑さに慣れていない留学生は熱中症に関する知識がなかったり、その危険性や対策への意識が低かったりするのではないかと思います。

NILSでは学生が熱中症にならないように、声掛けをしています。身の回りにあるものでできる熱中症対策を案内しています。冷たいタオルを首に巻く、帽子をかぶる、のどが渇いていなくても水分を取る、などなど…。気づかないうちに熱中症になっていることが多いようなので、そうならないように対策をして、気をつけることが大切ですね。

皆さんはどんな暑さ対策をしていますか。私は1日の大半を屋内で過ごしています。部屋の温度に気をつけ、のどが渇いていなくても、こまめに水分を取るようにしています。特に水分はカフェインがはいっていない麦茶を飲むようにしています。まだまだ暑い日が続きます。暑さ対策をして、この暑さを乗り切りましょう。そして、この夏を楽しみましょう(^_^)

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

お問い合わせ・資料請求はこちら
学校見学会、授業見学のご案内教育訓練給付制度 指定講座 420時間 マスターコース 最大20%OFF!
コース案内
420時間マスターコース
日本語教育能力試験対策コース
トレーナーコース
実践 試験直前講座(オプション)
eラーニングコンテンツ
教育訓練給付制度
料金表
勝川浩之のブログ
日本語教師 徹底解説講座

ニューヨークアカデミー モバイルサイト


ページの先頭へ

各教場のご案内

●大橋校
福岡県福岡市南区大橋1-17-6

●博多校
福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目27−24

●西新校
福岡市早良区西新1丁目8-21 2階

小倉校
北九州市小倉北区京町3-14-17 五十鈴ビル新館5F

●熊本校
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル6F

●東京代々木校
東京都渋谷区代々木1-36-1 ミユキビル2F

●千葉校
千葉県千葉市中央区弁天1-2-8 大野ビル5F