スタッフブログ

2022年8月25日

日本語教育能力検定試験に挑戦!

こんにちは。 日本語教師養成講座ニューヨークアカデミー福岡大橋校の牟田です。

 先日、気象庁から、「今年の夏は異常気象」と発表されていましたが、単なるその一言では、言い表わせないですよね。 気温40℃など、どんなものか私には考えられないです。

酷暑の夏もあと少し! 皆さん、ご自愛ください!

 さて、私たちは、日々、たくさんの人々とコミュニケーションを取りながら生活をしています。 その会話の中では、当然のことながら、Q&Aがなされます。 例えば…

 Q:「朝ご飯、何を食べた?」     A:「クロワッサンとサラダとミルク!」

 Q:「お盆は、みんな、帰省された?」 A:「いや、東京の息子は帰って来なかったよ!」

こうして、私たちは、楽しく、会話を進めていきます…

 では、このパターンは、どうでしょうか。

 Q:「ちょっと寒いね…」      A:「エアコン、消すね!」

 Q:「消しゴム、持ってる?」    A:「はい、どうぞ!」

 Q:「時計、持ってる?」      A:「えーと、今、10時5分だよ」

 Q:「あそこの棚、手がとどく?」  A:「(荷物を取ってあげて)はい、どうぞ!」

さあ、どうでしょうか。これらのパターンは、ちょっと違いますよね!

 最初の例を考えてみましょう。

 ある部屋で、「ちょっと寒いね…」と発言した場合… 「エアコンを消してください」と単刀直入に言わずに、相手に消してもらう。 つまり、「話し手の発話意図が、間接的に聞き手に伝わっていますね。 「時計、持ってる?」も、話し手は、「時計を持っているかどうか」よりも、時間が知りたいのです。

 これらは、「間接発話行為」といって、アメリカの哲学者ジョン・ロジャーズ・サールが

提唱したものです。

 次の例、私たちは、よく使いますよね。

 母親:「もう11時よ!」  息子:「うん、もうすぐ寝る!」

夜の11時になるのに、ゲームをしている息子に、母親が、「もう11時よ!」と言っている意味は「もう遅いから、早く寝なさい」と命令しているのだと判断して、息子は、「うん、もうすぐ寝る!」と言っています。 この場合、「もう11時よ!」は文字通りの「断定」という機能とは別に、間接的に「命令」を表しているのです。

 また、突然、誰かが、「火事だ!」と叫んだら、皆さんは、急いで逃げますよね! 

これも、イギリスのジョン・ラングショー・オースティンが次のように分析しています。

  1. 発語行為→伝達を目的として意味のある文を話すこと。 例:「火事だ!」
  2. 発語内行為→周りのひとに、起こっていることを知らせる。 例:「大変だ!」
  3. 発語媒介行為→発話によって、本人と周りの人たちが行う行為 例:「逃げろ!」

つまり「火事だ!」は「逃げろ!」という意味も含んでいるのです。 

さて、今日は、「含意」、つまり、「表面に現れない意味を持つこと」について、お話をさせて頂きました。

 日本語社会は、典型的な「高コンテクスト文化」で、あまり、直に言葉を言わずに、間接的表現を好む傾向があるので、私たち日本人は、よくこういう会話をするように思います。

 日本語教師を目指し、勉強を進めていくと、日頃、何気なく使っている日本語の「奥深さ」を大発見することが、よくありますよ!

 それでは、また、ブログでお会いしましょう!

 (補足:この件に関する問題が「日本語教育能力検定試験」に、度々出題されています!)

★☆★☆入校日のご案内★☆★☆

・福岡大橋校⇒⇒10月2日(日)

・福岡博多校⇒⇒10月2日(日)

・東京代々木校⇒10月1日(土)

・横浜校⇒⇒⇒⇒10月1日(土)

上記からのスタートで、福岡大橋校・東京代々木校は最短2023年3月末修了、福岡博多校・横浜校は2023年9月末修了することができます。

日本語教師を目指してみようかなーと思った方やちょっと話だけでも聞いてみたい、という方はぜひ、資料請求か説明会にご参加下さい!

資料請求はコチラ⇒ https://www.ny-academy.com/contact/
学校説明会のお申し込みはコチラ!⇒  https://www.ny-academy.com/briefing/

 

New

2022年9月28日
日本語のルーツ
2022年9月26日
こんなことば知っていますか?
2022年9月21日
こんにちは?こんにちわ?
2022年9月14日
日本語教師の魅力!
2022年9月12日
和の色