1. ホーム   
  2.   
  3. コース案内   
  4.   
  5. 420時間マスターコース

即戦力人材になれる!420時間マスターコース

今だけ特別価格!420時間コースマスターコースのお問い合わせ・資料請求はこちら

経験の有無にかかわらず、日本語教師になるためのすべて(理論・実践・問題解決)が学べます!(日本語教育能力試験対策含む)

420時間コースを受講後、日本語教師資格を取得します。実際に現場で教えている日本語教師が担当します。現場で困ったこと、その解決方法、効果的な教え方など経験をベースにして、語彙、文法、聴解等の授業をそのまま実践教育に直結した講義を行い、理論と実践をバランスよく教えます。
また、日本語教育能力試験に出る内容もカリキュラムに取り入れていますので、講座を終了後は資格を取得できるだけでなく、日本語教育能力試験対策も完了しています。
日本語を教える理論や教壇で教える技術・実際の現場で遭遇する問題点と解決方法を学び、即戦力の人材を育成する講座です。

こんな方におすすめ
日本語教師の資格を取りたい方・知識ゼロから日本語教師を目指す方
日本語教育能力試験の受験を希望
働きながら学びたい方

学校長より

毎年多くの外国人留学生が日本にやってきます。初めての日本で不安を抱いている留学生も少なくありません。そのような留学生の多くが最初に接するのは私たち「日本語教師」です。私たちは初めてやってきた日本での親のように頼れる存在でなければなりません。
日本語の修得を目指す彼らの目標はいろいろあります。大学進学や就職、語学留学など。そんな夢を実現するためにはしっかりとした日本語を身につけなければなりません。また、日本語だけでなく、日本の文化や習慣もしっかりと身につけることも夢の実現には不可欠です。日本語教師の役割は単に語学の修得だけでは終わりません。
ニューヨークアカデミーの授業は日本語教育の現場でさまざまな経験を積んできた講師が担当します。テキストだけでは学ぶことのできない、日本語教育に必要な授業ノウハウを学ぶことが出来ます。日本語教師デビュー後、ニューヨークアカデミーで学んだことの多くが生かされることは間違いありません。
私たちと一緒に、留学生の夢の実現のサポートをしましょう。

担当講師より

教師だった父から勧められて、軽い気持ちでNYAの日本語教師養成講座420時間コースを受講した私。これまで教師経験はなく、英語はもちろん他の外国語も全くダメ。子供の頃、習った国語の文法ですら、すっかり忘れている状態でした。はたして日本語教師になれるのかと不安を感じながら、学校に通っていましたが、NYAの先生から「外国人の学習者の中では、あなたが一番、日本語が上手なんだから自信を持って」と言われ、頑張ろうと気持ちを切り替えて修了まで通い続けました。
日本語教師になった今でもNYAで学んだことは「文法知識」「教授法」など、どれも「日本語教育の現場」ですぐに役立つ授業だったと思います。特に「音声」の授業はわたしたちが使っている「日本語」はどのように発話されているのか、とてもわかりやすく学習することができました。外国人の学習者にとって日本語の発音はとても難しいもの。だからこそ、誤った日本語の発音を直し、上達させる喜びはとても大きなものです。皆様と「日本語教育の現場」でお会いできる日を心待ちにしております。

カリキュラム

ニューヨークアカデミーのカリキュラムは全てが現場で必要なスキルに直結するよう組みたてられています。そのため、全ての科目が「実習」につながっています。
外国人に日本語を指導するのは、国語を教えるのとは大きく異なります。私たちが普段使っている日本語をいかに外国人に指導するのか、その基礎となる知識をしっかり学ぶことで、「日本語」をどのように指導するのかを理解していきます。しかし、その知識だけでは「日本語」の指導はできません。その知識をどう現場に生かしていくのか、実習に向けた授業で学び、実際に外国人留学生を対象に実習を行います。

  • 評価法
  • 教授法理論
  • 初級指導法
  • 初級実習
  • 中上級指導法
  • 中上級実習
  • 語彙・表記
  • 音声
  • 文法
  • 日本語教育事情
  • 言語学
  • 社会言語学・対照言語学
  • 異文化理解・心理
区分 科目 単位数
日本語の仕組み  文法  48
音声  32
語彙・表記  24
社会言語学対照言語学  24
言語学  20
日本語教育の環境  日本語教育事情  24
異文化理解心理  24
教え方の理論  教授法理論  32
初級指導法  68
中上級指導法  60
教え方の実践 評価法  24
初級実習  20
中上級実習  20

ニューヨークアカデミーで直説法を学ぶメリット

ニューヨークアカデミーでは直接法、オーディオリンガルメソッド、コミュニカティブアプローチの3つの教授法理論をもとに、実際の教育現場で即役に立つ実践指導を行っています。
ほかの日本語教師養成講座では、「これが○○教授法です」と明言できる教授法を学んでいないようです。その証拠に、今まで日本語学校に応募してきた教師の模擬授業では上記の教授法を用いて授業をした応募者はほんの一握り、できたとしてもどの教授法を用いて授業を組み立てたかを理解されている方はほとんどいませんでした。
ニューヨークアカデミーで教える「実践教育法」は媒介言語を使わずにほぼ3か月(180時間)で「あいうえお」から「日常会話」まで話せるように指導する画期的な方法です。


こんなテキストで学びます!

募集要項

時間数 420時間
授業日 1年コース  週3回(月・水・金)
半年コース 週4回(月・水・金・土)
時間割 昼13:30~(1日4単位)
夜18:45~(1日4単位)
土曜日 10:00~(1日8単位)

授業料

受講開始までの流れ

資料請求はこちら

インタビュー

この講座を受けました!現役講師にインタビュー
お問い合わせ・資料請求はこちら