~日本語を日本語で教える~ 日本語教師が行う訓練

<日本語教師は英語ペラペラ??>

「わたしは日本語教師です。」というと、「英語が話せるんですね!」という反応をよくされます。
ですが、残念ながら私は英語が話せません。
「じゃあどうやって教えるの?」と、ときには少し不審な目で見られます。

語学の教授法には「間接法」「直接法」の二種類があります。
間接法は学習者の母語を使って教えるスタイルです。日本人の先生による学校での英語の授業がイメージに近いかと思います。
一方、直接法は学習者の母語は使用せず、目標の言語だけで教えていきます。ネイティブの先生による英語の授業や、海外留学先の授業はこのタイプが多いのではないでしょうか。

間接法、直接法のどちらもメリットがありますが、国内の日本語学校には、英語だけでなく様々な母語の人が勉強しにくるため、日本語教師養成講座では日本語のみで日本語を教える「直接法」での教え方を指導しているところが多いです。

「日本語で教える」とはいえ、当然、学習者が知らない日本語は使うことができません。言葉だけでなく、絵や動画、シチュエーションを駆使します。その日の文型の意味や使い方を学習者に「教える」というより、「気づかせる」といった方がしっくりくるかもしれません。そのためには、文型がどんな場面で使われるか、似た意味の表現、同じ文型でも複数の意味を持つケース、例外などなど教師側の研究が非常に重要です。

授業で学生に伝える知識はほんの一部であり、その周辺に教師側は何倍もの知識を備えていなければなりません。

<学校で教えられること>

 

ところで、ここで改めて日本語教師が教えられることについて考えてみましょう。もちろん日本語を教えるわけですが、具体的にどんなことでしょうか。

まず真っ先に思い浮かぶのが「文法」。
たとえば「~てください」の意味、作り方、使い方などなど。
文法の他にはどうでしょう?
漢字。意味、読み方、書き方。その通りです。ほかには?

日本語教師というとまず「文法」や「漢字」といったものを教えることが中心と思われがちで、使用する教科書も表面上はそういったことを中心に扱っているように見えます。
ですがそれを実用するためには、日本人との接し方や文化などにもある程度理解がなければなりません。
そういったことを考えると、教師が学習者に指導するものは文法や漢字をはじめ、発音、会話の仕方、読解、聴解、作文の書き方、発表の仕方、マナー、習慣、時事問題、地域の話題など実に多岐に渡ります。
こういったものを指導するためには、文法中心の教科書を使用する場合は特に教師側が気を付けて、授業の中に様々な活動を織り込んでいく必要があります。
といっても文法と全く切り離した授業が必要なのではなく、先生から「習った」文型を「使う」作業を取り入れればいいのです。ここにも教師それぞれの工夫がみられます。

具体的な例として自己紹介を考えてみましょう。
自己紹介は名前と出身だけでなく、使える文型が増えるにつれて、趣味や将来の目標など、どんどん味付けができます。
この自己紹介で学習者は何を学ぶことができるでしょうか。

・文型の確認
・文全体の構成
・発音

<全体の前で発表するとき>
・大勢を前に発表する際のマナー
・発表の際の話し方(スピード、声の大きさなど)
・発表の際の立ち居振る舞い(立ち方、視線、身振り手振り)
・発表の聞き方

<一対一での自己紹介のとき>
・ボディランゲージ(お辞儀など)
・相手への質問の仕方
・名刺の受け渡し

・・・
など、教師が設定したシチュエーションにより、教えられることも変わってきますが、とにかくさまざまな可能性があります。
せっかく習った文型を使うには教師が積極的にこういった機会を用意してあげなければなりません。
学習者も「文型を覚えた」だけでなく「文型を覚えたから○○ができた!」の方がはるかに達成感、また次の学習へのモチベーションをもつことができるでしょう。

学習者に教えるものは前述のように多岐に渡りますが、学びのチャンスは学校が全てではありません。
学校で学んだことを学校の外で使い、生の日本と触れることで、学習者は学校での勉強の何倍も多く深く日本語や日本の文化を学ぶことができるでしょう。
教師はその第一歩、学校の外で日本語を使うための訓練を任されているのです。

≪日本語教育能力検定試験とは≫

現在、日本語教師になるための「免許」は無く、「資格試験」として

①公益財団法人日本語教育支援協会が運営する日本語教育能力検定試験
②一般社団法人全国日本語教師養成協議会が運営する日本語教師検定

上記の2つがあります。この二つを比較した場合、①の日本語教育能力試験はどちらかといえば、日本語教育に関する知識を、②の日本語教師検定は教壇に立つ上での実践力を図る試験であると言われています。

 

試験実施時期 内容
①日本語教育能力検定試験 10月ごろ 日本語教育に必要な知識全般
②日本語教師試験 2月ごろ より実践的

 

日本語国内外の日本語学校の講師募集要件を見てみると、多くが

1)大学、大学院で日本語教育を主専攻または副専攻した方、
2)大学卒で日本語教師養成講座(420時間)を修了した方、
3)日本語教育能力検定試験に合格した方

上記のいずれかとしてあり、現状としては多くの学校が日本語教育能力検定試験の合否を採用の基準の一つとしています。

今回はこの日本語教育能力検定試験について解説します。
例年の合格率は23~24%で、毎年の合格最低点は公表されていません。試験の難易度により異なりますが、正答率70%以上であれば合格圏内と言われています。
試験範囲は日本語の文法から心理学、国際社会や文化に関することなど、多岐に渡ります。(日本国際教育支援協会のホームページ参照)
範囲が広く、合格率も約23%とそれほど高くは無い試験、付け焼刃ではなかなか太刀打ちできません。ですが、しっかりと準備をすることで誰にでも合格は見えてきます。

筆者は日本語教師養成講座に通い始めて10か月後の平成26年に初めて受験をし、合格しました。

今回はこの筆者の経験を元にお話します。

 

 

~筆者プロフィール~女性。20代後半(受験当時)。

一般企業(土日祝日休み。残業はあまりない)に勤めながら養成講座に通った。

土日祝日は趣味のサークル活動の予定が終日入ることが多かった。

平成26年9月に養成講座修了。同年10月に受験し、合格。

 

 

  • 1.いつから始めるべき?
  • 2.何をポイントに勉強すべき?
  • 3.苦手科目の克服は?
  •  ・検定試験の中で苦手、とよく聞く第二部の聴解
  •  ・第3部の記述問題
  • 4.何のために受験しているのかよく理解しておこう

≪いつから始める?・・・余裕をもつなら半年前。≫

試験は毎年10月に行われます。とにかく試験範囲が広いので、普段まとまった時間の取れない人は当然早く試験対策に取り掛かるべきでしょう。一日にどれだけ勉強時間が確保できるかにもよりますが、4月頃にスタートして、毎日少しずつでも勉強時間が確保できれば合格は近づきます。

 

≪何をすればいい?・・・絶対過去問!!≫

筆者がおすすめするのは、まず過去問をやってみることです。始めは全く手も足も出ず、心が折れそうでした。それでも、まず本物にぶつかって、どんな試験なのかを知ることが一番です。出来ないなりにも、これから何をどのくらいすべきかが見えてきます。

さて、この過去問、実力試しに一回やって「なんとなくわかった」「全然だめだった」で試験対策本に走ってはいけません。
この過去問こそ徹底的にやりつくします。

わからない言葉はその都度調べ、覚えていきます。養成講座や対策講座の先生など、質問できる人が周りにいれば、分かるまでどんな細かいことも質問します。筆者の場合は過去問5年分を4、5回は繰り返し解きました。問題の答を覚えるのではなく、その正答の理由や周辺の知識も、自分の頭に入っていなかったことはノートに書き留めて通勤中などひまな時に眺めます。過去問以外の予想問題に手を広げなくとも、5年分の過去問について完璧に自分で解説ができるようになれば、それだけでかなりの範囲を網羅し、実力をつけることができます。

実は筆者はこの過去問を繰り返し解く作業で試験までの半年のほとんどの時間を費やしました。仕事をしながらの受験だったこともあり、毎日まとまった時間を取るのは難しく、1日に30分、過去問の大問1つだけという日がほとんどでした。試験1か月前にやっと過去問に着手するというのでは、間に合わなかったように思います。

勉強する時間にもポイントがあります。
おすすめは、「夜覚えて、翌朝思い出す」です。
人の記憶は一度睡眠を挟むことによって、定着しやすくなると言われています。夜勉強したことは小さな時間でいいので、朝もう一度振り返りましょう。夜疲れ果てた中勉強に割いた時間の効果が何倍にもなります。
筆者は「朝10分早起き」ができないので、通勤時間を利用していました。

 

≪苦手①・・・聴解問題≫

検定試験の中で苦手、とよく聞くのは第二部の聴解です。これに関しては慣れが必要で、また、様々な問題に出会うことも重要です。問題のスピードにも慣れなければなりません。試験では「例」が流れてから、「問題」が始まりますが、この「例」が流れている間に何を準備するかによっても、問題の解きやすさはずいぶん変わります。

「過去問だけでかなりの力がつく」と前述しましたが、聴解に関しては出来るだけ多くの問題を経験することも重要です。もちろんそれぞれの解答の根拠を理解していきながら進めてこそ力になります。聞き取れないものについては、聞き取れるまで繰り返し聞きましょう。筆者はよく移動中にイヤホンで聞いていました。

 

≪苦手②・・・記述問題≫

第3部の最後には記述問題が用意されています。筆者はこれに苦手意識がありました。記述問題は内容に正答があるわけではなく、個人の意見を記述する問題です。裏をかえせば、文の構成の仕方さえ押さえれば点が稼げる問題といっても良いかもしれません。
配点は試験Ⅲ100点中の20点。練習すれば、きちんと点が取れます。

論文に自信のない人は過去問の記述問題を実際に原稿用紙に書いてみて、可能であれば検定対策講座の講師などにチェックしてもらうのが良いでしょう。原稿用紙に書いてみると、意外と原稿用紙上での記述の仕方にもあやふやな部分が出てきます。一度確認しておきましょう。また、問題を読んでから書き終わるまでの時間も計っておくべきです。時間がかかりすぎるようなら、短時間で書けるように訓練しておかなければなりません。第三部の他の問題にかける時間にもよりますが、記述問題の読み初めから書き終わりまで、15分程度を目標にすると良いでしょう。

また、実際の試験では朝から試験Ⅰ(100分)、昼休みを挟んで試験Ⅱ(90分)、試験Ⅲ(120分)の最後の最後、疲れ果てた頃に記述問題が待っています。しっかり練習して、あまり体力気力を必要としなくても書けるようにしておきたいですね。

 

≪何のための受験?≫

日本語教育能力検定試験は、決して簡単な試験ではありません。また、合格していることだけが日本語教師の良し悪しを測るものではありません。日本語教師の間では、試験問題の知識は日本語教育の現場ではあまり役に立たないという声も時折耳にします。

確かに試験問題は専門的でもあり、直接教壇でその知識を披露する機会はあまりないかもしれません。ですが、試験勉強をする中で得られる知識は日本語教育を志す者としては、興味をそそられる分野も多くあります。また何か目標を立て、その達成に向け計画的に行動し実現させることは、教壇に立つ者の経験として必ずプラスになるでしょう。また実際に生徒を前にして、日本語を教える際にもかならず役に立つことがあるはずです。

 

 

 

≪日本語教師養成講座は行かなければならない?≫

 

日本語教師養成講座は、日本語を母語としない人に日本語を教えるための技術や知識を学ぶ場です。様々な経験、スキルを持った様々な人たちが、日本語教師になることを目標に、日本語教師養成講座に通っています。

そもそも日本語教師になるにはどんな資格が必要なのでしょうか。日本語教師になりたいと思ったことのある方でしたら、すでにお調べになったかもしれません。

国内外の日本語学校の講師募集要件を見てみると、多くが①大学、大学院で日本語教育を主専攻または副専攻した方、②大学卒で日本語教師養成講座(420時間)を修了した方、③日本語教育能力検定試験に合格した方、のいずれかとしてあります。

「いずれか」ということは、日本語教師養成講座に通うことは、日本語教師になるための必須要件ではないのです。

全く日本語教育関係のものを学んだことがない人が、日本語教師を目指すとします。

今から大学で4年間かけて日本語教育を専攻するのは、時間的、経済的にも最もハードルが高いです。

次に日本語教師養成講座に通うのは約半年~1年、費用は50万円前後が相場です。

それなら、自分で勉強して受験料16,000円の日本語教育能力検定試験に合格する方が、ずいぶんリーズナブルではないでしょうか。

しかし、やはり日本語教師養成講座を受講するということにはそれだけの価値があるのです。

 

≪日本語教師養成講座(通学)のコース内容≫

 

日本語教師養成講座で学ぶメリットについてお話する前に、まず、通学制の講座のコース内容をニューヨークアカデミーのカリキュラムを例にご紹介します。

区分 科目 科目概要 単位数
日本語の仕組み 文法 品詞分類・各品詞の詳細・敬語・節・自他動詞・授受・テンス・アスペクト・日本語教育文法・条件表現・受身・使役・ムードなどを分析し、初級文型全般を学ぶ。国文法にも日本語教育文法にも強くなる。 40
音声 現場での音声指導を紹介され、体験できる。その必要な知識として、発音の仕組み(母音・子音の調音点・調音法、有声音・無声音、高低アクセント・イントネーション・プロミネンス、拍と音節など)を学ぶ。 32
語彙・表記 語彙では、語種・語構成・音韻現象、表記では、現場での文字指導方法を扱い、日本語学習者に教えるのに必要な模範となる日本語=現代仮名遣い、日本語史を学ぶ。 24
社会言語学
対照言語学
社会言語学では、性・年齢・職業などによる語の使われ方、地域別の方言学、各国の言語政策、言語接触などを学ぶ。対照言語学では、様々な観点から外国語習得に役立つ日本語と諸外国語との比較を学ぶ。 24
言語学 音韻論(音素)、形態論(語の区別)、統語論(語の並び)、意味論(慣用句・対義語・比喩など)、語用論(実際の会話上でのずれやゆれの原因・協調の原理・発話行為など)を、現場の日本語教育に絡めて学ぶ。 20
日本語教育の環境 日本語教育事情 国内外の日本語教育、年少者・外国人労働者・留学生、ビザなどの状況、日本語教育のフィールドの広さ、日本語教師に何ができるかか、何をするべきか、公的日本語試験の紹介、日本語教育史などを学ぶ。 24
異文化理解
心理
日本語学習者が抱える問題の分析と、その問題を解消できるよう、日本語教師としてできるスキルを身につける。脳の仕組みや心理カウンセリングのテクニック、学生への対応など、日本語教師自身の悩み解消術なども学ぶ。 24
教え方の理論 教授法理論 様々な外国語教授法の紹介、その基となっている理論(構造言語学・行動心理学・ストラテジー・誤用分析・状況論的学習論・クラッシェンの仮説・生成文法・言語習得・バイリンガルなど)を学ぶ。 32
初級指導法 初級実習、中上級実習への準備期間。教案・教材作成や、デモンストレーションとして受講生同士で教えあい、授業準備の楽しさと大切さ、準備の努力が必ず本番に結びつくことが実感できる。 76
中上級指導法 60
教え方の実践 評価法 現場で使われる様々な試験にとどまらず、授業内で小テストを見たり、分析・採点したりなどが体験できる。いい試験が作れるようになる。試験・問題が、学習者が成長するためのツールであることを認識できるようになる。 24
初級実習 外国人日本語学習者を教室に招き、日本語の授業を行う。民間の日本語学校など就職の際必ずと言ってもいいくらい必要な模擬授業の対策にもなり、まさに上記全ての科目で学び「わかった」ことが「教えられる」ようになる。きめ細かいふり返りを行う。実習で得た「教えることの楽しさと難しさ」がより成長への糧、やりがいとなる。 20
中上級実習 20
修了単位数1 420

 

日本語教師養成講座420時間コースとは、文化庁が示した「日本語教師養成のための標準的な教育内容」方針に沿った講座です。知識として学ぶ座学系の授業と、教壇に立つことをイメージして行われる実践系の授業が組み合わさって、約半年~1年で420時間を修了できるようにカリキュラムが組まれています。

実践系の授業のクライマックスは、初級と中上級で一回ずつ予定されている実習の授業です。近隣の学校で勉強している留学生を相手に、実際に教師として教壇に立ちます。この経験こそが、独学や通信講座ではなかなかできない、大きなメリットといえるでしょう。

 

 

 

≪日本語教師養成講座に通う理由≫

 

意外と通える!?

養成講座に通う人の中には日中働きながら通っている人も多くいます。夕方まで仕事をしている方が間に合うよう、平日夜開講、土日開講の学校もあります。当校でも夜、土曜、さらに日曜のみのコースも新開講予定です。ご自身のライフスタイルに合わせて無理なく通うことができます。

 

いつでも質問できる

日本語教育は奥が深く、少し勉強すると、様々な疑問や好奇心が湧いてきます。そんな時、直接質問することができる講師がいることは、理解を深めるうえで大きく役立ちます。

 

百聞は一見に如かず

教師は頭だけを使うのではなく、教壇に立ち、声や体を使わなければなりません。日本語教師養成講座の講師は、日本語学校などの現場での経験を持っている方がほとんどで、そういった立居振舞は、実習系だけでなく、座学系の講座でも多くを見て学ぶことができます。

実際に日本語学校に就職してからでは、自分の授業やその準備で忙しく、思ったほど他の先生の授業を見学することはできません。

 

実習の経験

いくら勉強しても、立ち居振る舞いを練習しても、本番の経験には敵いません。実際の学習者を前に、自分で考えた方法で日本語を習得させることができるのか、どんなトラブルが発生しうるのか、成功することだけが全てではなく、本番ならではの失敗からも多く学ぶことができます。

 

さまざまな受講生との出会い

養成講座には、年齢、経歴、経験ともにさまざまな人が集まります。今まで出会うことのなかった人と出会うことで新たな世界を知ったり、新たな自分に気づいたり。

また、受講生は日本語教師という同じ目標を持って自ら学びに来ている、同志でもあります。修了までの道のりは楽ではありませんが、仲間がいることでの心強さや、学ぶ上での気づきは、一人で学んだ時の何倍にもなります。また、日本語教師として就職した後は、同期の日本語教師仲間がいるということは大きな心の支えになります。

 

 

ありとあらゆる経験が日本語教師としての糧になります。日本語教師養成講座は、さらに新たな出会いや知識を、経験や体験として学ぶことができる場なのです。

 

お問い合わせ・資料請求はこちら

Calender

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Category

Archive

月別一覧

年別一覧

学校見学会、授業見学のご案内
コース案内
420時間マスターコース
日本語教育能力試験対策コース
トレーナーコース
実践 試験直前講座(オプション)
教育訓練給付制度
420時間マスターコースのカリキュラムを図と動画で解説
勝川浩之のブログ
日本語教師 徹底解説講座
講師ブログ

当校へのアクセス

  • ニューヨークアカデミーの地図
  • 日本語教師養成学校
    ニューヨークアカデミー

    福岡県福岡市南区大橋1-17-6
    西鉄大橋駅 徒歩2分

ニューヨークアカデミー モバイルサイト