• よくある質問
  • サイトマップ
  • 0120-553-718
  • お問い合わせ・資料請求
      
  1. ホーム   
  2.   
  3. カテゴリー   
  4.   
  5. 下層ページ

どんな問題がでるの?(その1)

「日本語教育能力検定試験」にはどんな問題が出題されるのでしょう?実施要項には「日本語教育の実践につながる体系的な知識が基礎的な水準に達しているかどうか、状況に応じてそれらの知識を関連づけ多様な現場に対応する能力が基礎的な水準に達しているか」を確かめることが目的と書かれています。

試験構成については試験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの3部構成となっており、平成30年度の出題では最後の1問を除きすべて選択問題でした。答案用紙はセンター試験と同じマークシート方式です。

……

2019年度の「日本語教育能力試験」は以下の要領で実施されます。例年同様の日程・手続きで行われていますので、来年度以降の受験を検討されている方も参考にしてください。

①出願期間

2019年6月24日(月)~8月13日(火)まで

②受験資格

特に制限しない

③試験の水準

日本語教育の専門家として必要とされる基礎的・基本的な知識・能力。

④試験の構成

時間 配点 内容 試験Ⅰ 90分 100点 原則として,出題範囲の区分ごとの設問により,日本語教育の実践につな……
お問い合わせ・資料請求はこちら

ページの先頭へ

各教場のご案内

●大橋校
福岡県福岡市南区大橋1-17-6

●博多校
福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目27−24

●西新校
福岡市早良区西新1丁目8-21 2階

小倉校
北九州市小倉北区京町3-14-17 五十鈴ビル新館5F

●熊本校
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル6F

●東京代々木校
東京都渋谷区代々木1-36-1 ミユキビル2F

●千葉校
千葉県千葉市中央区弁天1-2-8 大野ビル5F