1. ホーム   
  2.   
  3. 勝川浩之の、「日本語教師」とはなんぞや!?

別れを振り返ってみる②

先月の話ですが4月になり、おかげさまで新たな受講生さんにも恵まれ、
当校も新年度を迎えることができました。

事務員にも新たな社員が増えて、心機一転です。
また、これまでの大橋校のみならず、博多校、小倉校でも、
当校の授業が受けられるようになりました。

これも、昨年度当校で受講した受講生さんの頑張りあっての
ことです。修了したみなさん、本当にお疲れ様でした!

【中上級実習後の記念撮影】
2016,12初級実習昼

 

【修了式・昼コースの皆さん】

【修了式後、打ち上げを行い、再度挨拶にいらした時の昼コースの皆さん。
さらにいい顔です♪】

【修了式・夜コースの皆さん】

【修了生で事務の三澤さんも卒業♪】

NYA日本語教師養成講座では毎月入校可能です。
学校説明会も毎月実施しておりますので、どうぞお気軽にお越し下さいませ!
↓  ↓  ↓
https://www.ny-academy.com/seminar/#sec01

 

 

 

 

月日の経つのははやいもので、年度末、新年度という教育現場でも非常に慌ただしく
過ごした日々も、少し懐かしく思えてくる5月に入りました。
ちょっと落ち着いてきたここらで振り返ってみようと思います*^.^*
3月前半は、就職や当校実習時のモデル学生、お世話になっている日本語学校様から、
よく卒業式や卒業発表会などに招待されます。
今回私は2校のみの参加となりました。

福岡国際学院 卒業発表会
福岡国際
ほんの一部の写真ですが、総合司会も留学生が行い、
各クラスの発表も研究発表から、歌・ダンス、国発表などジャンルそのものが様々。
自由を謳歌している、というのがとてもよく伝わりました。
留学生が2年間の思い出をコーラスで語るシーンでは、
日本語学校に勤めていた私は、目頭が熱くなりました。
右下の一緒に参加した当校修了生、受講生も喜んでいました。
このうち2名が福岡国際さんで日本語教師デビューすることになりました。
やはりその学校を知ることで、さらに現場に出てみたいという夢も膨らみ、
また現実味も沸いてきますね。

国土建設専門学校 卒業発表会
国土

特に当校での教育実習時にモデル学生をいつも紹介してくださる国土建設さん。
当校修了生も数名が活躍中!
こちらの学校ではクラス毎に、テーマを決め、それに沿って、街に出かけてインタビューを行い、それをパワーポイントにまとめ、全員がそれぞれプレゼンも行う、
いわゆるプロジェクトワーク形式。
ここ数年、その構成力には目を見張るものがあります。
向かって左側に、国土建設さんの校長先生方、当校受講生、インタビュー先の企業の方々。留学生の次の進路先でのことを考え、しっかりと研究する基礎を
大事にしている学校というのがとてもよく伝わります。

このように当校の受講生さんは、日本語教育の現場にデビューする前に、
しっかりと日本語学校の様子なども見ることができて、養成講座で
学んだ知識、実践力のみならずこのような経験も積んで、現場に
出られますよ。当校日本語教師養成講座にご興味ある方は、
こちらの連絡を!
https://www.ny-academy.com/seminar/

では、次の投稿では、当校の卒業式の様子などをお伝えしますね♪

お問い合わせ・資料請求はこちら