1. ホーム   
  2.   
  3. 勝川浩之の、「日本語教師」とはなんぞや!?

社会・対照言語学 ♪個人研究発表♪

今年の新規受講生の方にも、この発表をやってもらう時期となりました。
講師でありながら、実に受講生さんの発想や、研究のアプローチに感心させられるイベントです。
当校の「社会言語学・対照言語学」という科目に関することなら何でもいいということで、テーマ選びから、研究、レジュメ作成、発表など、今の自分にできることを精一杯がんばってくれました。
今回は受講生さんの発表が18もあり、一人あたりの発表時間が5分程度だったのが非常にもったいない内容ばかりでした。

その発表の内容は・・・

・ポジティブポライトネスと方言使用
・日英仏の意味の捉え方比較
・教師と学習における博多弁の必要性
・日本語の誕生とその軌跡
・宮崎西諸弁とフランス語の共通点

・日本と韓国の諺、慣用句の対比
・ロシア語にチャレンジ!
・都の言葉「京言葉」
・私が感じた韓国と日本の生活、文化の違い
・日本語に聞こえるアラビア語?
・シングリッシュと英語の比較

・世界に渡った外来語としての日本語
・ネーミングと音の関係
・小笠原方言とクレオール
・「行く」と「来る」の違い
・英語におけるネガティブポライトネス
・発音、アクセントの自らの体験と今後の課題
明日使える沖縄方言

入校して1ヶ月ちょっとの状態で、みなさん素晴らしかったですよ!
もちろん、受講生さんそれぞれこれまでの畑の違いで、得意不得意分野が違います。
ですから、今回の発表で「~さんみたいな読み方いい!」」「~さんのレジュメ詠みやすい!」「~さんの発表の構成わかりやすい!」「~さんみたいな発想素敵!」など互いに盗めるところがとても多かったはずです。
このように、教師だけが学生に教えるというのではなく、学生が互いにレベルアップしていき、励まし合っていき、自尊心も高まり、人前でのプレゼン力も上がる、という指導法。ピアラーニングとも言われ、最近注目されています。受講生のみなさん、現場に出たときは、このような授業もどんどんやっていきましょうね!

久しぶりに、私の現場での日本語授業の投稿です*^.^*
当校の授業日以外の火曜木曜に福岡にある大学で日本語を教えております。

以前、ゼロ初級クラスの初日の授業を公開しました。
日本語ゼロ初級授業初日 ←クリック♪(おかげさまで再生回数も約1万回に)

嬉しいことに多くの方から、中上級クラスの初日授業のご希望があり、今春の新学期に授業撮影しました。

初日のオリエンテーションなので、通常の授業よりも私の発話が多いです。 通常授業では、学習者が日本語を話さないと話せるようにはなりませんから、学習者の発話を多くさせます。

学生による教師への授業アンケートで毎回ほぼ満点(1度だけ全項目満点)、 またコメントも私にとってとても励み、宝物となる内容で、毎回の授業をこちらが楽しむ日々です。もちろん、毎回その授業教案、教具作成などは大変ですが、苦と思ったことはありません。

緑のラインが私への評価です。

学生からの誉め、叱咤激励のコメントこそが一番のモチベーションになります。

今回の内容はビジネス日本語クラスの授業ですが、日本語初級レベルを終えたクラスなら、どのクラスでも可能です。私が使っている日本語は基本的に初級レベルの日本語なので。
初対面なので、いつも以上に緊張します。90分授業なので動画はダイジェストで30分弱にしました。カットしたくない箇所もありますが、長すぎるのも・・・ なので^^;

90分授業を14,5回で終えるコースです。いかに授業への興味を持たせ、やる気を出させ、役に立つかを伝えようと心がけております。
初日の授業はいつも以上に緊張します。昔は初日の授業では互いにカチコチになってしまい・・・などの失敗もありました^^;;
最終日にはいつも日本人ゲスト10人ほど呼んでのビジターセッションを行い、普段の授業も少人数ならいつでも見学、参加可能です。 ご希望の方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

では、こちらで動画を見ることができます。
↓   ↓   ↓
ビジネス日本語授業初日 ←クリック♪

先日、夜の事務スタッフのHくんが大阪に就職することになり、送別会をしました。当校の修了生でもあり、卒業後うちの事務スタッフとして働いてくれました。
急な開催だったのですが、朝昼の事務さん、以前の夜の事務さん、受講生だったときの同期生で日本語教師になった2人も駆けつけてくれました。
学校すぐの焼き鳥屋。Hくんが就職する大阪の味のお店だったので、「串カツ2度付け禁止」などをレクチャーしようと*^.^*ちなみに、私は昔、大阪のジャンジャン横丁で串カツバイトをやっていました♪
サプライズ要望もちゃんと応えてくれて、おいしくとてもいい店でした。

次に夜の事務に入ってくれた人も、うちの修了生で日本語教師になった人です。学校の卒業生がその学校の事務をしてくれるというのは、受講生だったときの事務の雰囲気がよく、またこの学校を好きでいてくれたと思い、とてもうれしいです。

教師への満足度アンケートで2014、2015年で95%を記録し、就活した人のほぼ100%が就職できて、また事務スタッフまでとてもすばらしいメンバーが私の誇りです。
日本語教育に興味がある方、当校で、日本語教師を目指してみませんか?^^

このたび、当校が親しくさせていただいている日本語学校のうちの一つ、JILA(日本国際語学アカデミー)日本語学校様通常授業見学ツアーを2日間に渡り、組ませていただきました。


まだ4月に入校したばかりの当校の受講生さんは、日本語を日本語で教えるイメージもできていない人がほとんどで、とてもいい刺激になったようです。

授業見学の企画を快く引き受けていただいたJILA常勤講師井上先生、まことにありがとうございました。
授業後のフィードバックも行っていただき、教務主任の中西先生も来ていただきました。まことにありがとうございました。

日本語教師養成講座に通う受講生さんにとって、現場を肌で感じることはとても役に立ちます。このようなイベントを定期的に行う当校にて、いっしょに日本語教師になる夢を叶えてみませんか?*^.^*

お問い合わせ・資料請求はこちら